河村院長温泉旅行記

私が、温泉めぐりを始めるきっかけになった温泉旅行が、15年ぐらい前に訪れた、九州大分県の湯布院にあるお宿”山灯館”です。

湯布院は、人気温泉地ランキングでも5本の指をはずさない有名温泉地です。泉質は単純温泉ですが、肌がスベスベになるという自慢の温泉です。

おすすめのお宿山灯館は、おもむきと落ち着きのあるしつらえで湯布院という温泉地でゆっくりとした時間を過ごすことのできるお宿です。

純和風の客室で、季節感あふれる京風懐石で都にない由布の里の味をゆっくりと・・・。忘れることのない記憶に残る温泉地のひとつです。

是非、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

去年の11月中頃に、カニ温泉旅行に行ってきました。京都府京丹後市網野町木津温泉郷にある丹後夕日が浦温泉です。

ホテル、旅館、民宿とカニ料理を食べさせてくれるところは、たくさんあります。

また、温泉も「美人の湯」と呼ばれる夕日が浦温泉。泉質は、アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)です。

カニをいっぱい食べたい、温泉に何度も入りたいという方には、民宿もおすすめですが、テレビのCMでもお馴染みのお宿

?佳松苑″がおすすめです。とにかく、カニ料理は、いっぱい出てきます。カニ好きには、満足のいくお宿だと思いますよ。

 

この季節になるとやはり「カニを食べに行きたい」と思ったりしますね。以前にも、カニ旅行ということで、天橋立を紹介しました。

今回は、鳥取県米子市皆生温泉を紹介します。皆生温泉と言えば、境港です。ズワイガニの水揚げもトップクラスです。

水木しげるロードや水木しげる記念館、境港さかなセンターなど、観光スポットも盛りだくさんです。

少し足を延ばせば、出雲大社や、鳥取砂丘もあり、家族そろって、四季を問わず、楽しめます。

おすすめのお宿は、山陰、米子、皆生温泉の華水亭です。お部屋でくつろぎながら眺める、窓の外に広がる、雄大な大山と日本海情景が最高です。

四季それぞれの日本海の幸、ゆっくりと手をかけた、心づくしのお料理が、最高です。何より、温泉が最高です。多彩な、お風呂が、うれしい。

泉質は、ナトリウム、カルシウムー塩化物泉です。

 

藤井四段の活躍で将棋ブームになっていますが、過去に滋賀県内のホテル、旅館でも将棋のタイトル戦が行われています。
長浜市公園町にある浜湖月という旅館です。

私の母が多賀の生まれであることから、彦根、長浜には、よく出かけます。

8月の地蔵盆の頃に立ち寄り、一泊しました。旅館もリニューアルされた、本当に趣のある落ち着いた雰囲気。料亭旅館ならではの、洗練された美味しい懐石料理。

また、客室も全室レイクビューの温泉露天風呂付のお部屋です。大浴場は、長浜太閤温泉、泉質は、鉄分を含んだ温泉、含鉄泉です。

どれをとっても最高のお宿です。また、訪れたい宿がひとつ増えました。

 

山口県にも、湯田温泉、川棚温泉、湯ノ口温泉、萩温泉郷など、数多くの温泉地がありますが、今回は、長門湯本温泉を紹介したいと思います。

最近では、安倍首相が、プーチン大統領を招いて、日露首脳会談が行われたことで、有名になった「大谷山荘」がある温泉地。それが、長門湯本温泉です。

音信川に沿って旅館やホテル、外湯が立ち並び、昔ながらの温泉情緒が漂い、蛍の時期がおすすめです。また、おすすめのお宿も、大谷山荘です。

清流音信川のほとり、自然に溶け込むように佇むお宿が、大谷山荘です。せせらぎの湯は最高の温泉で、泉質は単純温泉です。

美味しい食事、山あいの景色、言うことなしです。特に天気に恵まれた日には、大谷山荘8階にある天体ドームは、ぜひとも見に行ってください。「百聞は一見にしかず」ですよ。

 

ちょっと気になる温泉を2か所、紹介したいと思います。愛媛県松山市にある道後温泉、山口県にある長門湯元温泉です。

道後温泉は、道後温泉本館を囲んで、ホテル、旅館が立ち並び、温泉街を形成しています。

日本書紀にも登場する我が国最古の温泉です。

小説「坊っちゃん」の舞台。商店街もあり、ゆかた姿で湯上りの散歩も楽しめます。

泉質は、単純温泉です。

四国4県にも、数多くの有名な温泉があります。

機会があれば、四国の温泉行脚の旅をしたいものです。

 

近くの温泉地として観光も含めて楽しめるところ、三重県を紹介しましょう。

最近の出来事として伊勢志摩サミットが思い出されます。

伊勢神宮参拝は、何度行っても霊験あらたかで、神秘的なパワーを感じずにはいられません。

他にも志摩スペイン村、鳥羽水族館、ミキモト真珠島、夫婦岩など観光ももりだくさんです。

おすすめのお宿は、鳥羽本浦温泉 サン浦島 悠季の里です。

自家源泉の宿で泉質は、PH9.5アルカリ性単純温泉です。海の幸を心ゆくまで楽しめます。一度足を運んでみては、いかがでしょう。

伊勢志摩の島の宿、磯部わたかの温泉 福寿荘(渡鹿野島という島の中にあるお宿です)泉質は、ナトリウム、カルシウム塩化物温泉(源泉100%天然温泉です。

伊勢志摩を代表する旬の素材、海の幸をふんだんに盛り込んだ会席料理は最高ですよ。

 

少し遠出して、富士山を見に行ってきました。

山梨県富士吉田市上吉田にある、富士山温泉ホテル鐘山苑です。

近くには、富士急ハイランド、忍野八海や河口湖、山中湖と観光するところもいっぱいあります。

このお宿鐘山苑は、三拍子そろった、美味しい食事よし、温泉よし、サービスよしの言うことなしです。

食事の後には、ホテルロビーにて、霊峰太鼓、ビンゴゲームを従業員の方がやって楽しませてくれます。

富士山温泉(鐘山温泉)泉質は、カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉(高アルカリ性)です。時間を見つけて、富士山を見に行って見てはいかがですか。

天気が良ければ、ホテルの部屋から、最高にきれいな富士山が見えます。

 

淡路島での私のおすすめのお宿は、2か所あります。1か所は、洲本市あるホテルニューアワジ夢泉景別荘天原です。

天原には、ゲストラウンジ、ヒールガーデン、メインダイニング旬房淡悦があり、サービス、食事共に最高です。天原全室に露天風呂が付いています。

淡路夢泉景とホテルニューアワジが連絡通路で結ばれ、「湯めぐり」が楽しめます。プール、釣り堀、メゾネットヴィラタイプの宿泊施設もあります。

もう1か所のおすすめは、、南あわじ市、大鳴門橋近くにある、ホテルニューアワジプラザ淡路島別邸蒼空です。天原同様に専用ラウンジ、露天風呂付客室、「湯めぐり」も出来ます。

食事も最高で、部屋食で家族団欒が楽しめます。

露天風呂、テラスから見る鳴門海峡の心地よい潮風をあびながら、雄大なサンセット最高です!!

洲本温泉の泉質は、単純弱ラドン泉、古茂江温泉は、茶褐色の温泉です。

南あわじ温泉郷、潮崎温泉の泉質は、ナトリウム炭酸水素塩温泉です。

温泉紹介するのが遅くなりましたが、本当は1番におすすめしたかった旅先です。

老若男女問わず楽しめる温泉地それが淡路島です。

淡路島も高速道路で直線にしたら1時間ほどの距離ですが、観光地、プレイスポットとしては、たくさんあります。

下調べをしてから、出かけることをおすすめします。

明石海峡大橋を渡って、淡路島の玄関口淡路SA(大観覧車が目印です)から始まって、淡路島南PAまで(大鳴門橋が目印です)遊べるスポットがいっぱいです。

お泊りおすすめの宿は、ホテルニューアワジグループのお好きなお宿でお料理、温泉を楽しめます。