河村院長温泉旅行記

2022年10月31日

海香の宿 波華楼は、常神半島の根元に位置する隠れ宿。
日本海の荒さと静けさの両方を五感で感じる事の出来る、若狭湾の恵を最大限に活かすお宿です。

車で若狭三方IC下車20分くらいです。JR小浜線三方駅下車、バスで20分程度です。

※これからのシーズンは、越前がに会席の用意もあります。ご興味のある方は、波華楼さんにお問い合わせください。

北陸三県、福井県、石川県、富山県は、郷土の美味しい料理のお宿で常に全国で上位にランクインしています。

特に近場の福井県で噂の美味しい魚料理のお宿をもう少し紹介していこうと思います。
興味のある方は、また、見てみて下さい。

2022年9月28日

今年の夏は、蒸し暑く、長引く戻り梅雨もあり、線状降水帯が発生して、西日本中心に北陸方面でも大雨が降り、高速道路(北陸道)も通行止めになるなど、旅行など車の移動にも妨げになるなど、コロナ禍に相まって、たいへんな行楽の夏休みとなりました。

私も美味しい魚料理を食べるべく、福井県の常神半島にある料理旅館に行ってきました。
福井県三方上中郡若狭町塩坂越にある、海香の宿 波華楼です。

ロケーションが最高な海辺のお宿。美味しい魚料理が食べられるということでやってきました。

噂通りの美味しい魚料理がお造り盛り合わせから始まって、煮魚・焼き魚とお魚づくしです。
少し肉料理も出てきますよ。お酒が進むこと間違いなしです。

2022年8月30日

本来であれば、夏から秋にかけて行楽の季節ということもあって、家族やグループでのお出かけや旅行が増える時期なのですが、3年にもおよぶコロナ禍にあって日常がままならなくなってしまいました。

皆さんも、それぞれの感染予防をしながら、それぞれの楽しみ方があるのではないかと思います。
1日も早く普通の日常に戻ることを切に願うばかりです。

旅の楽しみも、温泉であったり、観光、食事…etc。ストレス解消というものがあると思います。

私も歳のせいか、今までは、旅の食事に肉料理を入れることが多かったのですが、最近では美味しい魚料理を食べたいと思うことが多くなってきました。
次回より、そんな旅行を紹介したいと思います。

2022年7月28日

昼神の棲 玄竹の温泉は、単純硫黄温泉(低張性アルカリ性高温泉)です。湯船に浸かりゆっくり過ごす贅沢な時間を演出してくれます。

私は、個人的に特にアルカリ性高温泉が大好きです。

美肌の湯としても有名ですが湯あたりが少ないのも、アルカリ性高温泉の特徴です。湯あたりを気にせずに、ゆっくりと温泉が楽しめますよ。

昼神温泉は、比較的新しい開湯温泉で、長野県下伊那郡阿智村付近で、国鉄中津川線を建設しようとトンネル工事をして掘り当てた温泉です。

良い旅が楽しめると思います。一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

2022年6月29日

今回選んだ昼神温泉おすすめのお宿は、昼神の棲 玄竹(くろたけ)です。

当館の自慢のひとつである創作和食は、旬の食材を活かした玄竹の創作料理。本当に食材の風味と季節を感じる美味しさです。
調理人の匠の技で手間隙を惜しまず丁寧な職人技を存分に引き出しています。
客室は大正ロマン漂う、美肌の温泉露天風呂付きモダン古民家客室が、何パターンかのプライベートな空間から選ぶことができます。

い棟、ろ棟、は棟、に棟から、お好きな雰囲気の客室をチョイス‼
時間を気にせずにゆったりと温泉と旅を満喫できますよ。

2022年5月30日

昼神温泉は、中央自動車道 園原ICで降りて、県道89号線から国道153線を通って約10分です。
阿智川沿い両側に10数軒の旅館、ホテルが立ち並び、足湯や、春には桜や桃の花が見頃になります。

近くのおすすめスポットは、前回紹介したヘブンスそのはらや花桃の里、元善光寺、立石寺仁王門、名勝天龍峡、飯田市美術博物館など見どころも数多くあります。

私のおすすめは木曽路、花桃街道を通り、山越えをして、妻籠宿(復元された伝統的な江戸時代の街並み)南木曽町の観光名所を散策するのも楽しい旅の醍醐味ですね。

2022年4月25日

ここから数回に分けて、日本一の星空、長野県阿智村、昼神温泉について紹介していきたいと思います。

コロナ禍が続き、なかなかお出かけや旅行に行きにくくなってしまいました。
ただ、新型コロナウイルス感染症対策の取り組みを万全にして、豊かな自然に囲まれた阿智村を旅したいと思います。

環境省認定の日本一星空が綺麗な村は、自然豊かな信州阿智村にある冨士見台高原ヘブンスそのはら。星空遊園をお楽しみ頂けます。

手が届きそうな無数の星々が輝き、街中では決して見ることができない光景が広がる、星が最も輝いて見える場所です。

2022年4月4日

前回に続きますが、吉池旅館では和食(日本料理)だけではなく、ステーキハウス吉池を併設しており、夕食だけはステーキハウス吉池でというお客様も少なくないようです。

もう一軒のおすすめのお宿は、箱根吟遊です。
渓谷に抱かれるように佇む和の風情。最上階に位置する玄関・ロビーからは、眼下に早川、目前に四季を織りなす雄大な箱根連山の絶景が広がります。
全てのお部屋が、温泉露天風呂やダイニングルームを備えたラグジュアリースイート。
温泉の泉質は、ナトリウム‐塩化物泉です。食事は季節ごとに吟味した素材を、各お部屋のダイニングルームにてゆっくりと召し上がることができます。

興味のある方は、各ホームページにてご確認ください。

 

2022年3月1日

行楽の春を待つ季節となりましたが、コロナ禍にあって丸二年が過ぎました。
温泉旅行記を書く私にとっても、大変厳しい2年となりました。
ホテルや旅館の予約をしては、キャンセルしてということが続きました。非常に悲しいことです。

前回、箱根駅伝にふれて、温泉宿やホテルを紹介しましたが、その中でも、気になった有名おすすめのお宿を2件紹介したいと思います。

箱根湯本温泉、吉池旅館です。旅館と言うイメージよりは、ホテルに近い施設の大きさがあり、特に吉池旅館では、6本の源泉を所有する温泉施設があります。
泉質は、ナトリウム、カルシウムー塩化物泉です。
客室も露天風呂付客室をはじめ、いろんなタイプの客室があります。
食事は、和食(日本料理)で、夕食は、吉池三献日本料理を味わうことができます。

2022年2月1日

今年の正月も箱根駅伝に興奮しましたね。
青山学院大学の圧勝に終わりました。お正月から、箱根駅伝の応援も良いものですね。

と言うことで、箱根と言えば、温泉と言うことで駅伝のルートに近い、温泉宿やホテルを紹介しましょう。

箱根駅伝で富士屋ホテルは有名ですが、他にも、匠の宿佳松箱根ホテル、ヒルトン小田原リゾート&スパ、「四季の湯座敷」武蔵野別館、元湯環翠楼、華の宿ふくや、塔ノ沢一の湯本館、箱根吟遊、吉池旅館、横浜ロイヤルパークホテルなどがあります。

お正月の宿泊は、予約争奪戦が予想されます。
興味のある方は、チャレンジしてみては、いかがでしょう。詳しくは、調べてみて下さいね。