河村院長温泉旅行記

2022年4月4日

前回に続きますが、吉池旅館では和食(日本料理)だけではなく、ステーキハウス吉池を併設しており、夕食だけはステーキハウス吉池でというお客様も少なくないようです。

もう一軒のおすすめのお宿は、箱根吟遊です。
渓谷に抱かれるように佇む和の風情。最上階に位置する玄関・ロビーからは、眼下に早川、目前に四季を織りなす雄大な箱根連山の絶景が広がります。
全てのお部屋が、温泉露天風呂やダイニングルームを備えたラグジュアリースイート。
温泉の泉質は、ナトリウム‐塩化物泉です。食事は季節ごとに吟味した素材を、各お部屋のダイニングルームにてゆっくりと召し上がることができます。

興味のある方は、各ホームページにてご確認ください。

 

2022年3月1日

行楽の春を待つ季節となりましたが、コロナ禍にあって丸二年が過ぎました。
温泉旅行記を書く私にとっても、大変厳しい2年となりました。
ホテルや旅館の予約をしては、キャンセルしてということが続きました。非常に悲しいことです。

前回、箱根駅伝にふれて、温泉宿やホテルを紹介しましたが、その中でも、気になった有名おすすめのお宿を2件紹介したいと思います。

箱根湯本温泉、吉池旅館です。旅館と言うイメージよりは、ホテルに近い施設の大きさがあり、特に吉池旅館では、6本の源泉を所有する温泉施設があります。
泉質は、ナトリウム、カルシウムー塩化物泉です。
客室も露天風呂付客室をはじめ、いろんなタイプの客室があります。
食事は、和食(日本料理)で、夕食は、吉池三献日本料理を味わうことができます。

2022年2月1日

今年の正月も箱根駅伝に興奮しましたね。
青山学院大学の圧勝に終わりました。お正月から、箱根駅伝の応援も良いものですね。

と言うことで、箱根と言えば、温泉と言うことで駅伝のルートに近い、温泉宿やホテルを紹介しましょう。

箱根駅伝で富士屋ホテルは有名ですが、他にも、匠の宿佳松箱根ホテル、ヒルトン小田原リゾート&スパ、「四季の湯座敷」武蔵野別館、元湯環翠楼、華の宿ふくや、塔ノ沢一の湯本館、箱根吟遊、吉池旅館、横浜ロイヤルパークホテルなどがあります。

お正月の宿泊は、予約争奪戦が予想されます。
興味のある方は、チャレンジしてみては、いかがでしょう。詳しくは、調べてみて下さいね。

2022年1月4日

冬の旅と言えば、やはり温泉旅行でしょう。
近場の温泉では最高の泉質を考えれば、城崎温泉でしょう。

開湯1300年の歴史があり、7つの外湯の楽しみもあります。
文学のまちとしても有名で、散策にはもってこいと言えるでしょう。
なんといっても冬の城崎グルメと言えば、ズワイガニ料理でしょう。
美味しい料理に舌つづみ。
身体と心を癒してくれる温泉はいかがでしょうか。
温泉に行きたい。旅行に行きたい。美味しい料理を食べたい。
皆さんはどうですか?

2021年11月30日

冬の味覚と言えば、カニ料理でしょう。ここに温泉がセットされていれば最高ですね。2度目の紹介になりますが、休暇村越前三国のカニ料理での宿泊プランです。

カニ料理のプランも3種類以上はあると思いますが、越前ガニのみの料理プランは、蟹に目のない美食家には最高の料理ですが、福井の料理旅館で越前ガニ料理で1泊2食付きであれば、お一人様5万円以下はないと思います。

休暇村越前三国の越前ガニプランは、比較的安価な値段で1泊2食付きの宿泊が可能です。(カニは、時価ですので事前にお問い合わせ下さい)カニ料理を堪能してみてはいかがでしょうか。
温泉大浴場は、露天風呂付天然温泉「荒磯の湯」をお楽しみ下さい。

 

2021年10月30日

ここ数年前より、お客様のおすすめもあって、休暇村を利用することが多くなりました。

日本全国に35か所の宿泊地があり、有名な観光地や有数の温泉地に位置することが多く、会員になるといろいろな特典が受けられます。
宿泊料金も安価なものから、幅広く用意されていますので、それぞれのプランにあわせた旅が楽しめると思います。
安価な旅行を楽しむのであれば、湯快リゾートや、大江戸温泉物語といった旅行もあるのですが、料理の内容等のバリエーションを考えると休暇村がおすすめです。

11月になるとズワイガニ漁が、解禁になりますので、休暇村越前三国や、休暇村竹野海岸が、カニ料理のプランも豊富でおすすめです。
チェックしてみては、いかがでしょうか。

2021年10月4日

今回のおすすめのお宿は、香川県善通寺琴平町にある。湯元こんぴら温泉華の湯紅梅亭です。コロナ禍にあって、コロナウイルス感染症対策も万全の温泉旅館です。
こんぴら温泉街では、比較的大きい温泉宿になると思います。

大浴場や、庭園露天風呂、貸切露天風呂もたくさんありますので、館内でも充分に楽しめると思います。料理は、和風懐石料理を基本に品数も十分のように思います。郷土色も良く出ていて、美味しく頂けました。

温泉の泉質は、二種類で、ナトリウムー塩化物温泉と単純弱放射能冷鉱泉です。機会があれば、一度訪れてみては、いかがでしょうか。やっぱり、温泉は最高です‼

2021年8月27日

美術館をあとにして、次の寄り道先は、お昼ご飯の楽しみです。

美術館からですと、自動車で、20分ぐらいでしょうか。
鳴門の海岸線沿いにある ゛びんび家゛というご飯やさんです。
新鮮でボリュームがあり、美味しいのは、言うまでもないのですが、とにかく忙しいお店です。
20~30人並ぶのは、当たり前で駐車場待ちは、当然の事です。覚悟して行ってみてください。
食事が出来たら、損はさせません。

びんび家さんを出たら、高速道路にて、1時間ほどで香川県善通寺琴平町湯元こんぴら温泉華の湯紅梅亭です。

2021年7月30日

淡路島旅行で楽しめる場所は、本当にたくさん有るのですが、今回は、四国に特化してお話させてもらいます。

今日の目的地は、香川県善通寺琴平町にある、湯元こんぴら温泉華の湯紅梅亭です。まずは、目的地に着くまでに、行くべき楽しい寄り道を紹介しましょう。

淡路島を渡りきったところに鳴門北インターがあり、ここで降りてもらうと、5分ほどで、大塚国際美術館に到着します。
数年前にNHK紅白歌合戦にて、歌手の米津玄師(檸檬)の歌の舞台になった場所です。本当に大きく広い美術館です。

絵がお好きな方なら、半日は充分に楽しめると思います。一度は、行ってみる価値ありだと思いますよ。

2021年7月1日

かねてより旅行を希望していました四国温泉旅行について、いくつかブログを書いていきたいと思います。

四国地方は、海岸線も多く、高速道路もあり、比較的、渋滞も少ないように思いますので、自動車による旅行がオススメです。
私は、明石海峡大橋、鳴門海峡大橋を通って淡路島経由で四国に入りました。

その他に、瀬戸大橋経由やしまなみ海道を通っての旅も、それぞれの楽しみ方があると思います。